美容院ソルビスは、あなたの髪質を考えたヘアスタイルをご提案します。
HOME > メニューについて > 着物への想い!

着物がすきですか?日本の着物を楽しみませんか?

  わたしは、日本で生まれた着物を楽しんでいます。中でも[昔きもの]をこよなく愛しております。

  成長に応じて、その時々に自分の為の着物を作ってきました。

 

  ところがある日、蔵の中のたんすの中に古い着物やら帯を見つけ、現代きものにはない、

  どうしても表現できない

  ”色”・”柄”を目にした時にときめきを感じました。触れると何ともいえないぬくもりに似た風合いに癒され

  はてはその着物に袖を通した時の女性の情景、心象風景までが一枚の布地を通して伝わってきました。

  アンティークが好きになるきっかけとなりました。

 

  もちろん、昔の女性と現代女性では体格が違うのでサイズは合いません

  しかし、少し考えてみてください。日本の女性が今や欧米の女性にも優るファッションセンスで自分を、

  スタイル表現し街を闊歩しています。

  それであるならば”きもの”にも、もう少し自由な風を吹かしてあげてもよいのでは?と思ったのです

  もちろん場面によっては、きしんとルールにのっとり、フォーマルに装う着物はありますし、又大切です

 

  しかし、普段に装う”きもの”はもっと楽しく、自由であるべきだと思うのです。

  それには、アンティークきものこそうってつけなのです。

  寸足らずな、着物や帯もアイデアひとつで、素敵に・可愛く・カッコイイ装いに変身します

 

  よく”はんなりも度が過ぎると野暮になり、粋も過ぎると下品になる”といわれます。

  はんなり・・・華麗で優雅

  粋・・・・・・・・気が効いて見える様子・遊びなれている様子

  私は”粋過ぎず”・”はんなり過ぎず”、その中間ギリギリをいくカッコ良さをコーディネイトする上で

  心掛けています

 

  一枚の平面的な布から出来上がっていくスタイルは2人と同じかっこうをしている人はいないのです

  そこに、半襟・帯揚げ・帯・小物などを足し算したり、引き算したりしながら仕上げていく過程の楽しさこそが

  着物の真骨項だと思うのです

 

  でも洋服だと舌を巻く程センスの良い女性たちが”着物”というと一歩ひいてしまう

  年配の方の視線が恐い、着て行く場所が無い

  やたらルールがありそうでむずかしい・などなど・がんじがらめになってしまう方が多いようです。

  私はそういった糸を一本ずつ解いていきたいのです。

 

  大丈夫です!!最低限のルールさえ守れば誰も石ぶつけたりしません!

  気軽に、ショッピング・デート・お食事・パーティーに!!

  洋服のアイテムに"着物”をひとつ加えてみませんか?

  楽しくなることうけあいです!!

 

                                        普段着物愛好家 井上洋子    

  

  着付けをお願いしている、井上さんに出会えてわたしは、アンティーク着物のファンになりました。
  生活の中でゆったりとした時間がもてたような
  自分へのご褒美時間を持っています

 

                                                 fumiko


美容院ソルビス
美容院 ソルビス [SOLVIS] 〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-24-2 1F Tel:03-5701-6366
Copyright 2005 SOLVIS. All rights reserved.
カゴのなかを見る